2017年05月22日

5.22

 暑い。東京メトロ銀座線。ビル群の中に昭和の雰囲気なタバコ屋があって良し。面接ではクソみたいな経歴を話したあと、会社の紹介を受ける。所長が某官制ファンド出身であり、再生関連に強いところだった。しかし、なぜそんなところがハロワで募集をかけるんだ?BSを税務基準に直した後、さらに調整をかける、貸倒損失の損金算入おそいからね、と言われ妙に納得する。相続税の株価評価の純資産価額のようなものか。債務超過の会社だと債務免除益多額で、繰越した欠損金も少ないと利益と相殺できない、なので事業分離や分割などの税務スキームを組むとのこと。他の専門家と協働するらしい。これは、おもしろい。こんな面白い仕事出来たらな、と。でもなんでこのレベルの仕事を扱ってるのに頻繁に人の募集をかけてるんだろう。調べたら5年以上前から人の募集があり、従業員1人だ。何かがあるらしい。会計士合格者も来ないような何か。安い給料だけならいいが。。。もう底辺夜勤やんか嫌だ。


 5月22日。なぜか採用の連絡があり、もちろん承諾する。税理士試験関連のホームページみてたら、5月19日応募締め切りとある。死亡。試験を申込むの忘れてた。死亡。足がガクガク震える。去年9月からの努力が一瞬にして消える。めまいがする。部屋にいると自殺しそうだったので日ノ出町に行く。川を見ながら頭を掻き毟る。シラフだと川に飛び込みそうだったので酒をガブガブ飲む。会計士試験?無茶だろう。何かにすがってきたツケか。いままで積み上げてきたものもない。もう死のう。


 
【関連する記事】
posted by 南千住 at 23:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする