2018年07月17日

7/17

 面接のため千住へ。2時間かかる。寝ずに始発で出発。朝から路上で吐いてるギャルがいて足立区らしいやと思う。暑くて倒れている学生もいた。
 
 ボロボロのビルへ。ヤンキーみたいな女に案内される。所長は挨拶なしか。二世なのは確かで、国税出身ぽい。番頭はブクブクに太っている。ストレスか。。事務所の看板に番頭の名前をだしてるが、有資格者ではないらしい。なんでこんな臭い街に面接きたんですか?から、とにかくひどい会話が始まった。冗談なんだろうが、頭が痛い。仕事はバカでもできるが、この仕事はサービス業なんだよぉと啖呵を切った。コミュ障で人見知りな自分に言い聞かせるように言われる。前に受けた事務所の税理士どうだったと聞かれ、わざと、面接が飲み会でしたよ(自分の時は違ったが)、と言うとうちも一回やったと言われる。仮想通貨の話題で、雑所得になって赤字になったら何が問題か聞かれ、損益通算できないです、と言うと、だから法人の方が有利なんだと言われる。その後グダグダ言われて覚えてない。税理士なんかいまはおいしくないぞ、と言われる。前の団塊ハゲ所長も言ってたが。要は儲かってないのか。名刺持って帰るの忘れてしまったが、持って帰らなくてよかった。番頭が睨んでたがいいや。


【関連する記事】
posted by 南千住 at 12:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする