2018年01月07日

1/6

 恐ろしい寒さで風邪をひく。倉庫付近までトボトボ野良犬みたいに歩き、派遣の面接。履歴書いらなかった。作業風景を見学する。チルドか。黙々作業。派遣の営業がずっとこの作業ですよ、と含みのある笑顔で説明する。むかしスポットで入った倉庫だが、外国人がいない。いっぱいいたはずだが。商品でも盗んだか食ったりでもしたんだろうか。派遣先管理者との事前面接もあるらしい。たしかに何でもかんでも経歴不詳の人間なんて雇うもんじゃないと思う。でもそんな人間しかこんな安いところ、来ないだろう。時給1,000円でいいですか?いいわけねぇだろこの野郎と営業に食ってかかりそうになった。誰かが損をしないといけないけどそんな役回りもうこりごりだ。。。。派遣も日雇いも倉庫もみんななくなってしまえばいい。

 美人がいる弁当屋へ。色気のないまな板美人。唐揚げを頼むと新年ということでタオルをもらう。こちらを見ながら笑っている。気があるのか。美人でも中身はドスケベで欲求不満じゃないのかと、色々想像する。修道女は欲求不満で股間をその辺に擦り付けるという奇行をしていた、となにかの小説で読んだ記憶がある。この弁当女も欲求不満で唐揚げに股間でも擦り付けてんじゃないのか。色々考えて吐きそうになる。


 マックへ。電話で大声で話してる若い女がいて頭が痛くなる。嫌でも聞こえた内容からすると、話し相手は慶應の男でまだ顔も見たことない人間らしい。出会い系か?そっと女の顔を見ると、世の中良く出来ているよなと納得する。クソブスだった。ブスを出荷する仕事があるなら喜んでやりたい。席を替えると高校生カップルがいた。女のほうがいかにも「これからセックスします」という顔をしていたのでおれも参加意思の表明をするところだった。心を鬼にして勉強をする。電卓を叩きつつ視線を感じて顔を上げるとまたカップルがいて、女がこちらを見ている。気があるのか。芸能人のように顔が可愛い。顔射して汚したいという欲望がムクムクと立ち上がってくる。雑念を払わなければならない。去り際に足を見るとブーツを履いていた。女のブーツは激臭だとどこかで聞いたが、果たして本当なんだろうか。確かめないといけない。


【関連する記事】
posted by 南千住 at 00:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

1/1

 2017年の悪夢から起床。起床しても悪夢。ずっと付き合っていくのか。

 初詣のために大野へ。枯れ木も山の賑わいじゃのう。民家の間に寺がひっそりと立ってある。若い巫女からお神酒を少し貰い、木札を買う。おみくじは中吉だった。賽銭前には人が長蛇の列で並んでおり、面倒になったので帰ることにした。クズや不幸な人間から先に並べる特権とかないのかと一瞬思う。一番救いが必要なんだが。ルサンチマンの塊だ。巫女のアナルを舐めたいと思わずにはいられなかった。仕方なく空中をぺろぺろする。


  マックで勉強する。ガキが走っていても親は止めないのでイライラする。親が韓国語らしき言葉を話している。子供をぶん殴ったらどうなるんだろうか。大泣きするか、叫んで倒れて死ぬか、おれの手の骨が折れるか、そんなこと考えて、考えたところでどうしようもなく、色々と考えることは自由だが、考えたことは一切実現できていないことに苛立つ。一切がただあるだけでしかない、というどうしようもない現実に立ち竦む。
posted by 南千住 at 21:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

12/25

 今年も終わる。俺の人生も終わる。ずっと終わってるか。。。ハロワの仕事探しを中断し、日雇いで倉庫内作業を転々とする。上溝のロジポート相模原でずっと夜勤の梱包作業をして気が狂いそうになった。クソみたいな派遣社員、クソみたいな現場社員、クソみたいな派遣会社社員。クソの3Kだ。厚木のヤマト関連の倉庫も行き、クソ派遣の若い女にぶちキレる。金があればこんなことしない。金がないのは致命的だ。相武台から送迎バスに乗る。派遣会社営業が、あそこのゴミが捨ててあるところで並んでて下さいと。派遣はゴミと同列か。独り言を言いながらうまい棒を朝から食べている変な女がいる。服も所々汚れている。なんなんだ?ピッキングのときも突然奇声をあげる。この世の終わりじゃねぇか。マックスサポート経由で日雇いをしていたが、体調不良で当日欠勤の連絡入れたらブス女にクソミソ言われ、出勤しろと言われたのでムカついてばっくれた。くそが、まだ取りに行ってない賃金があったので内容証明で請求した。

 さがみ野へ。海老名の零細派遣会社営業のタメ口に我慢して、古びた倉庫に行く。髪の長いキモい社員がネチネチと小言を言う。ロケーションもぐちゃぐちゃだし、脚立を使って高いところにある商品を取らなければならないが安全対策などまるでなく、脚立がグラグラしている。なにより商品がでかい。キモ野郎にもっと早くピックしろと言われプチプチとキレる。神奈川県の最低時給でこれかよ。昼休憩前に派遣は集められ、真面目にやっているんだろうがもっと早くやれ、ちんたらやってるのはみっともないと言われる。下にいくほど辛くなる。こんなゴミみたいな気分うんざりだ、と思い昼ばっくれ実行。もう金輪際倉庫内作業はやめようと。いままで続かなかったことが、これからも続くとも思えない。キチガイと戯れる余裕なんてねぇわ。でもどこにも居場所がない。血迷って中国にある日系税理士法人に応募。どうしようもない。


posted by 南千住 at 17:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする